自己分析沼に落ちた僕がオススメする「社会人のための自己分析ツールまとめ」

この記事では、自己分析ツールを30個以上試して、占いまで手を出してしまっていた僕がオススメする「自己分析ツール」を紹介していきます。

僕以上に有料・無料含めて、自己分析ツールを試した人は、そういないと思っています。(そのくらい一時期は自己分析オタクでした。)

もしあなたが、「今の仕事が自分に合っているかどうか分からない…」「自分の価値観が何なのか知りたい」「自分の強みってなんだろう」という悩みをもっているなら、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは早速内容に入っていきましょう!

そもそも社会人は、なぜ自己分析をする必要があるか

自己分析というと、就活をイメージする人が多いと思います。だけど、自己分析は学生時代よりも、むしろ社会人になってからのほうがやる価値があると思います。

なぜなら、社会人を経験することで「このタイプの仕事は楽しい/楽しくない」、「自分の性格にあっているものはこういうものかも」ということが、ぼんやり見えているからです。

「自分は何がしたいか?」、「何を人生のミッションにするか?」といったことは、実は30~40代になって初めて考えるケースが多いんですね。

なぜかというと、20代はがむしゃらに仕事をしてきたけど、30代~40代になると家庭を持ったりして、落ち着いてくるからです。このとき初めて「一度しか人生で私は何を成し遂げたいのか?」という自分の人生のミッションについて深く考え始めるのです。

僕の場合は、ブラック企業に勤めていたこともあり、25歳の時に『自分のミッション』について何なのかを深く考え始めるようになりました。

そこから僕はセミナーに参加したり、いろんな自己分析ツールを試してみたりと、かなり模索した結果、今では『自分のミッション』や『強み』を明確にすることができました。

これは、僕自身も感じていることですが、この『自分のミッション・自分の強み』を見つけたほうが確実に人生が豊になります。

大きな目標を達成している一流スポーツ選手に関しては、小学生の頃からミッションや強みを把握していることもあります。

例えば

  • メジャーリーガーの「イチロー」
  • プロ野球選手の「大谷翔平」
  • サッカー選手の「本田圭佑」
  • これら3人とも小学校の作文で、かなり明確に自分の夢を語っていました。

    イチローは入団するチームや契約金の金額まで書いてありますし、本田選手は入団するチームはもちろん、背番号まで決めていたんです。

    つまり、大きな目標を達成したり、人生を充実させるためには、いち早く「ミッション」や「自分の強み」を見つけることが大切なんです。

    この話を聞いて、「うわ〜…俺気付くの遅すぎだわ」なんて思う必要はありません。今この瞬間から考え始めれば良いだけです。

    では、早速、社会人のための自己分析ツールについていくつか紹介していきます。

    社会人のための自己分析ツールまとめ

    自己分析ツールといっても、ジャンルがいくつかあるので、ここでは、

  • 性格や思考パターン」を診断するもの
  • 強み・長所」を診断するもの
  • の2つに分けて紹介していきます。

    先にネタバレだけしておくと、

    ※「性格や思考パターン」を診断するもの→16性格診断がオススメ

    ※「強み・長所」を診断するもの→グッドポイント診断がオススメ

    となります。それでは、詳しい内容に入っていきましょう!

    「性格や思考パターンを診断する」自己分析ツール編

    16性格診断(オススメ度★★★★☆)

    16性格診断とは、ユングの心理学的類型論をもとに開発された自己理解メソッドです。

  • 詳細記事:当たりすぎてドン引き!?16性格診断であなたの適職を見つけよう!
  • 性格のタイプ数:16
  • 質問数:100問
  • テスト時間:約15分
  • 受診費用:無料
  • テストURL:16personalities
  • エゴグラム(オススメ度★★★★★)

    エゴグラムとは、個人個人の心の成分を分けて「心のグラフ」を可視化することで、性格や適職を把握することができます。

  • 詳細記事:エゴグラムで自分の性格を無料診断してみた
  • 性格のタイプ数:23の典型パターンと243種類の詳細パターン
  • 質問数:50問
  • テスト時間:約10分
  • 受診費用:無料
  • テストURL:エゴグラム診断
  • エニアグラム(オススメ度★★★☆☆)

    エニアグラムは、人類の性格を9タイプに分類して、そのタイプごとの性格や適職を把握することができます。

  • 詳細記事:エニアグラムで自分の性格を無料診断してみた
  • 性格のタイプ数:9
  • 質問数:45問
  • テスト時間:約10分
  • 受診費用:無料
  • テストURL:エニアグラム診断
  • ハーマンモデル(オススメ度★★☆☆☆)

    ハーマンモデル診断は、脳を4つの領域に分け、思考のクセを診断することで、性格や適職を把握することができます。

  • 詳細記事:ハーマンモデルで思考のクセを無料診断してみた
  • 性格のタイプ数:4
  • 質問数:24問
  • テスト時間:約10分
  • 受診費用:無料
  • テストURL:ハーマンモデル診断
  • 「自分の強みを診断する」自己分析ツール編

    ストレングスファインダー(オススメ度★★★★★)

    ストレングスファインダーを受けることで、あなたの知られざる才能(資質)のTop5 が明らかになります。書籍は38万部を超えているベストセラーで色んな言語に翻訳されており、全世界で読まれています。ただし、、、有料で3000円ほどかかるのが難点ですね。

    ただ、次に紹介する強み分析ツールは無料で受けれるので安心してくださいね!

  • 強みの数:34種類の内、上位5つの強みを判断
  • 質問数:180問
  • テスト時間:約35分
  • 受診費用:有料
  • テストURL:(書籍にある認証コードを打ち込んで受診)
  • グッドポイント診断(オススメ度★★★★★)

    特徴:無料版のストレングスファインダーです。ストレングスファインダーと同じように、あなたの知られざる才能(資質)のTop5 が明らかにしてくれます。

    これまで僕は、「有料」「無料」関係なく、本当にたくさんの「性格診断ツール」を受けてきましたが、その中で、一番良かったのがこの「グッドポイント診断」です。

    3000円くらい払って受けた有料の「強み分析ツール」とほぼ同じ強みが診断結果で出てきたので、「うわー…無料でこのクオリティとか…3000円損した…orz」となりました。笑

  • 強みの数:18種類の内、上位5つの強みを判断
  • 質問数:293問
  • テスト時間:約35分
  • 受診費用:無料
  • →グッドポイント診断で自分の隠れた強みを見つける!

    番外編

    僕は個人的に『占い』もありだと思います。

    僕は新宿で良く当たると言われている、占い師のところに行きましたが、実際にびっくりするほど当たりましたし、先ほど紹介したツールであぶりだした性格や強みと重なる部分も多かったんです。

    ちなみに僕がした占いは『算命学』という生年月日をベースに占うものでした。

    まとめ

    いかがでしたか?
    たくさん分析ツールが出てきて、どれから試せばいいか分からない人もいると思います。

    無料でオススメできるツールを下記にまとめたので、どれからテストしたらいいか分からない人は下記の2つをまずは受けて見ることをオススメします

    ▼「性格や思考パターンを診断する」自己分析ツール編
    16性格診断(オススメ度★★★★★)

  • 詳細記事:当たりすぎてドン引き!?16性格診断であなたの適職を見つけよう!
  • 診断はこちら⇒16personalities
  • ▼「自分の強みを診断する」自己分析ツール編
    グッドポイント診断(オススメ度★★★★☆)

  • 診断はこちら⇒グッドポイント診断
  • 「今の仕事は楽しくないし、全然俺に合っていないな…」

    そう思ったとしても、『自分のやりたいこと』や『適している職業』って中々分からないですよね。

    とはいえ、「今の劣悪な環境の職場から一刻も早く抜け出したい…」そう思われている人も多いでしょう。

    僕自身がそうでしたが、自分の適性や価値観が分からないまま、仕事を続けていました。そうすると、だんだん精神が擦り減っていき、最終的に鬱の一歩手前までなってしまいました。

    休日やプライベートな時間でさえ「仕事」のことを考えてしまい、毎週月曜日が来るたびに憂鬱になっていました。

    自分にあった仕事をして、充実した人生を送るためにも、『自分の強みや価値観』を的確に把握することは大切です。

    みんなにも教えて喜ばせてあげよう!