ストレングスファインダーとは?概念からテストの受け方まで完全網羅

「自分の強みや才能ってなんだろう?」と思ったことはありませんか?
僕も仕事で息苦しさを感じていたときは、かなり悩んでいたので気持ちはすごく分かります。この記事では、あなたの隠れた才能を見つけるツールであるストレングスファインダーについての全知識をまとめました。

ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダーとは『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』という書籍についてある、才能を見つけるためのテストのことです。

このテストを受けることによって、あなたの知られざる才能(資質)のTop5 が明らかになります。

〇テスト概要
・ウェブ上でテストを受ける。
・質問数は180問ほどでそれぞれ当てはまるものを選んでいく。
・1問につき答える時間は20秒
・テストは1度きりしか受けることができない。
この本は38万部を超えているベストセラーで色んな言語に翻訳されており、全世界で読まれています。そして、Amazonのレビューも300件超えで、星が4以上と日本でも評価がめちゃくちゃ高いです。

さらにテストの精度が高く、僕の周りでもかなり評判が良いです。

なぜストレングスファインダーの精度が抜群に高いのか?

精度が高い理由は、なんと200万人にインタビューし、傾向を細かく分析して作っているテストだからです。

200万人ですよ!笑
武道館の収容人数が2万人なので、武道館にぎゅうぎゅうに人を詰め込んだ100個分です。

著者は変態としか言いようがありません。笑

著者は、多種多様な200万人にインタビューして、34パターンの普遍的な才能にまで落としこみました。
ストレングスファインダーを受けると、この34の才能のうち、あなたの上位5つの才能が分かります。

つまり、強みになりうる最も優れた潜在能力の源泉を見つけることができます。

僕もテストを受けてみましたが、噂通り面白かったし参考になりました。

▼関連記事:ストレングスファインダーは当たるのか?検証してみた

ストレングスファインダーで判明する34の資質とは

ストレングスファインダーを受診すると34資質のうち、上位5つの資質が明らかになります。
そして、この34種類の資質は大きく4ジャンルに分類されます。

人と関係性を築きたい資質(才能)・・・9個の資質がここに分類される
人に影響を与えたい資質(才能)・・・8個の資質がここに分類される
何かをやり遂げたい資質(才能)・・・9個の資質がここに分類される
頭を使いたいと考える資質(才能)・・・8個の資質がここに分類される
テストを受けてみて判明した5つの資質が、どのジャンルに分類されるかチェックしてみると、あなたの才能の傾向がつかみやすいはずです。

人と関係性を築きたい資質(才能)
・適応性
・運命思考
・成長促進
・共感性
・調和性
・包含
・個別化
・ポジティブ
・親密性

人に影響を与えたい資質(才能)
・活発性
・指令性
・コミュニケーション
・競争性
・最上志向
・自己確信
・自我
・社交性

何かをやり遂げたい資質(才能)
・達成欲
・アレンジ
・信念
・公平性
・慎重さ
・規律性
・目標志向
・責任感
・回復志向

頭を使いたいと考える資質(才能)
・学習欲
・収集
・内省
・分析思考
・原点思考
・戦略性
・着想
・未来志向

それぞれの資質の詳しい内容はこちらの記事でも紹介しています。
▼関連記事:ストレングスファインダーの『34の資質』一覧

ストレングスファインダーの活かし方

ストレングスファインダーを使うことであなたに合った職業、職務を見つけることができますあなたの強みを活かせる仕事をすることで、作業効率が圧倒的に上がることも調査実験で明らかになっております。

ではどのように適職を見つけるのでしょうか?

答えは「書籍の内容をヒントにする」です。ちょっと期待外れな答えかもしれません。しかし書籍では的確に才能の活かし方が書いてあるので、活用することをオススメします。

書籍には、それぞれの資質ごとに「特性」や「行動アイディア」が紹介されているので、それを参考にしてみてください。

ちなみに僕の資質の一つに『最上志向』というものがあります。
この資質は一言でいうと「何かを極めたいと強く思う資質」です。

この『最上志向』「行動アイディア」の一部を抜粋します。

●人の成功を助ける職務を探しましょう。コーチングやマネジメント、メンタリングをしているとき、あなたは人々に利益をもたらしている自分に気づくでしょう。

●問題を解決するという仕事が、あなたの熱意とやる気をそいでしまうかもしれません。あなたは、すでに機能しているものを最大限に活用する方法を見つけることに関心があるが、壊れたものを修正することには関心がありません。問題解決<回復志向>の得意なパートナーと組みましょう。

-「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」引用

こんな感じでそれぞれの資質に対して「行動アイディア」10個書いてあるので、あなたが向いている業務、職業を見つける大きなヒントになるはずです。

ストレングスファインダーの受け方

ストレングスファインダーを受ける方法は、いくつかあります。

まだ『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』を持っていない方は、この本を購入してください。

そして、この本にアクセスコードが付いてあるので、ギャラップ社の公式HPからをこのアクセスコードを打ち込みます。そうすると、ウェブ上でストレングスファインダーを受けることができます。

ここで1点注意していただきたい点がございます。
「書籍は必ず新品で購入してください!」
というのも、本1冊につき1つのアクセスコードしかないからです。中古本だと既にそのアクセスコードが使われてしまっていて、テストを受けることができません。

なので、まだアクセスコードが使われていない新品のさあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』を購入する必要があります。

詳しいテストの受け方はこちらの記事で紹介しています。

▼関連記事:最新版!ストレングスファインダー2.0の受診方法

今すぐストレングスファインダーを受るべき2つの理由

1.成功する確率がグッと上がるから
タイガーウッズ、ウォーレンバフェット、ビルゲイツなどがなぜ成功しているのでしょうか?

具体的には書籍に書いてあるので、ここでは簡単に説明します。
すべての人に共通して言えることは、自分の弱みに折り合いをつけて、強みを解き放ち、より鋭いものとしたということです。

強みを磨いた方が圧倒的に成功する確率が上がります。なぜなら、「強み」は「資質(才能)」という土台の上に成り立っているからです。なので、才能を上手く活かした方が突き抜けることができます。

一方、弱みを克服して突き抜けた結果を出すのは至難の業ですし、何よりあなた自身が楽しくないはずです。才能を活かすことができず、精神だけがすり減るケースも少なくありません。

なので弱みは適度に克服して、あとは強みをさらに磨いていきましょう。

2.イキイキと仕事をできる確率がグッと上がるから
イキイキと働いている人、そして結果を出している人は例外なく自分の才能を活かして働いています。

悪いパターンの例で、かつての僕が挙げられます。
僕は5つの才能の中に「慎重さ」というものがありました。

〇「慎重さ」の才能
用心深く、あまり自分のことを話しません。
「人を見る眼」は非常に優れており、人間関係を築く上でその才能を発揮する。
しかし接客や企業外部の実力者などとのパイプ役といった仕事には向かない。
(引用元:さあ、才能に目覚めよう)
僕は社会人時代は営業をしていましたが自分のことはべらべらしゃべらないですし外部企業の実力者に対する商談は本当に苦痛でした。笑

もっと早く知っておきたかったです。笑

反対に圧倒的に営業センスがあり、いつも楽しそうに営業をしていた友人は「コミュニケーション」や
「アレンジ」といった才能が入っていました。


もっとあなたらしくイキイキと働くためにも、あなたの才能を把握することは重要です。

【再テスト】もう一度ストレングスファインダーを受けたい場合

すでに『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』を持っている場合は、もう一冊同じものを買うのはもったいないので、下記の2種類の方法でテストを受けるのが良いでしょう。

①ギャラップ社のサイトでアクセスコードを購入する

ストレングス・ファインダーを提供するギャラップ社のサイトでアクセスコードを購入し、テストを受けることができます。

ちなみに15ドルでアクセスコードを購入できます。

②書籍『心のなかの幸福のバケツ』を購入する

書籍『心のなかの幸福のバケツ』を購入すると、ストレングスファインダーを受けることができるアクセスコードがついてきます。『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』と同じ仕組みですね。

こちらもアクセスコードは1冊につき1つなので新品を買う必要があります。

※まだテストを受けていない方は『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』からどうぞ。

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!