自己分析で悩んでいる人こそ、ストレングスファインダーを受けるべき

「あなたの強みは何ですか?」という質問をあなたもされたことがあるのではないでしょうか。

きっと困ったはずです。

推薦入試の時も、
就職活動の時も、
転職活動の時も、
この質問をされますよね。

しかし、
・とりあえず、それっぽいことを語っていませんでしたか?

・本当にあなたの才能や強みを理解していますか?

・心からそこが自分の強みと胸を張って言えますか?

この記事では、自分の強みを見つけ出す方法を紹介します。

自己分析で迷ったら、これを読め!

かつて僕が、
・自己分析に関してオススメの本ありますか?
・自分の強みを知りたいんです!

という質問をしたときに、必ずと言って良いほど名前を聞く書籍があります。
それは、『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』という書籍です。

僕も実際に読んで、試してみて、自分のやるべき方向性が固まったので、あなたにも自信をもってオススメできます。

なぜ『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』がこんなに評価されているのか?

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』には、「ストレングスファインダー」というものがついています。そして「ストレングスファインダー」というテストを受ければ、あなたの隠れた才能が丸見えになります。
99.9%の方がコレ目当てで買っているかと思います。

「ストレングスファインダー」は宝探しをするときに使う「金属探知機」みたいなものです。

表面を見ただけだとそこにお宝が眠っているのかはパッと分かりませんよね。
でも、金属探知機を使えば金貨、銀貨など宝石がある場所を見つけて「ここに宝石ありまっせ!」と教えてくれます。

才能も同じで表面だけ見ていても本当の自分の才能はわかりません。
自分で自分の才能に中々気づけません。

そして、こんなにもこの本が評価されている理由は、この才能を見つけ出す「ストレングスファインダー」というテストが恐ろしく当たってしまうからです。

それもそのはずです。
なぜなら、この本の著者は約200万人にインタビューして、このテストを作っているからです。武道館の収容人数が2万人なので、その100倍もの人数になります。

だから、自己分析を楽にするためにも、ストレングスファインダーであなたの隠れた才能を見つけだすのをオススメします。
参考記事:ストレングスファインダーとは?概念からテストの受け方まで完全網羅

才能なんてないって思っていませんか?

才能は誰にでも必ずあります。
キレイゴトを言うつもりはさらさらありませんが、本当です。

これを理解してもらうためには、「才能」という言葉の定義について話す必要があります。

〇「才能」とは

無意識に繰り返される、思考、感情、行動パターンである。
例えば頑固さ、神経質といった欠点でさえ、それが力を生み出すのなら「才能」となります。
(「さあ、才能に目覚めよう」引用)

この「無意識に」という部分がポイントです。
きっとあなたも無意識な思考の癖が、自分の才能だと気付いていない可能性が高いです。

これは僕自身にも当てはまりました。
ストレングスファインダーを受けてみて「共感性」という資質(才能)が僕にはありました。
「人の気持ちを察することができて、相手の痛みを自分のことのように感じることができる」という資質(才能)です。

テスト結果を見て「確かにこういう思考多いな~」と実感しました。
しかし、今までその思考が当たり前になりすぎていたので指摘されるまで才能ということに気づくことができませんでした。

なのであなたも隠れた才能を見つけるためにストレングスファインダーを受けることをオススメします。

そして、才能が分かれば、それを強みにする方法は単純です。
才能を活かせる領域でひたすら努力をするのです。努力をすることで「知識」と「技術」が付きます。そして最終的に『強み』となります。
つまり強みを作るためにも、あなたの才能をまずは調べることが重要になってきます。

是非ストレングスファインダーを使ってあなただけの才能を見つけて自己分析をしてみてはいかが?

みんなにも教えて喜ばせてあげよう!