仕事ができるようになる考え方⑩:相手に楽をさせる

・「何時がご都合よろしいでしょうか?」
・「どうしますか?」
・「どこがいいですか?」

といった言葉をあなたは使っていませんか?
もちろん使っても良いんですが、この言葉を単体で使っている人はイエローカードです。

なぜなら、『相手に考えさせる』質問だからです。
あいてに考えさせた時点で「こいつ、面倒くせーな!」と思われます。

人間は楽をしたがる生き物です。

僕だってそうだし、あなただってそうです。
だから信頼されたいなら相手に考えさせないでください。

だから、誰かに質問するときも相手がYES、NOで答えられるレベルまで落とし込むことが重要です。
こんな感じで。

—————————————
「何時がご都合よろしいでしょうか?」
 ↓ ↓ ↓ ↓
「〇時~〇時までは空いているのですが、この間で1時間ほど、ご都合がよろしい時間帯はありますか?」

—————————————
「どうしますか?」
 ↓ ↓ ↓ ↓
「~~という理由から僕はAが良いと思っているのですが、Aで進めても問題ないでしょうか?」

—————————————
「どこがいいですか?」
 ↓ ↓ ↓ ↓
「~~なので、Aが良いと思っておりますが、よろしいでしょうか?」

—————————————

なんで相手に楽させることが重要なのか?

相手に楽をさせれば、あなたは信頼を勝ち取ることができるから重要なんです。

▼関連記事:仕事ができるようになる考え方⑨:信頼残高を増やせ

原始時代は『強い男』が一番得をしていました。
強い男は、その集団で一番良い女を抱いて、食事も一番初めに用意されて量も多かったはずです。

しかし現代はどうでしょうか?

現代は他人を楽をさせた人ほど、得をします
これは人間界の原理原則です。

例をあげましょう。

英会話教室に行けば、独学で学ぶよりも楽に学習することができます。英会話教室がなかったら、英語のネイティブスピーカーとまず知り合って、金額交渉してから、場所なども決めてという手間がかかってしまいます。

また、農家の方がいることによって、僕たちは畑を耕して野菜を育てなくても、野菜を食べることができます。

つまり、こういった手間を省いてくれているからビジネスが成り立っているのです。
そして、これは個人間にも同じことが言えます。

いかに上司、お客さんを楽させるかで、あなたの評価はガラっと変わってきます。

上司に相談するときも、自分で考えたり調べた後で、するようにしましょう。
僕は、相手にどう動いてほしいか考えてから、相談するようにしていました。

なぜなら、何をどうしてほしいという部分が明確でないと、相談された側が
どうしたら良いかわからないからです。

つまり相手に考えさせてしまうことになるからです。

相談についてのTips

あと余談ですが、たまに相談という名の答え探しになっている人がいます。相談するときには「正解」を求めすぎるのは、よくありません

なぜならビジネスの世界に100%正解は無いからです。
なので答えを求めるのではなく、その場面での最適解を求めるようにしましょう。
そのときベストだと思う行動をとりましょうということです。

その最適解を導きだした「根拠(理由)」をちゃんと答えられるなら、OKです。
もちろんお客さんを第一に考えて最適解を導き出してくださいね。

まとめ

相手に楽をさせればさせる程、あなたの信頼残高は増えていきます。
そして結果的にあなたが得をすることができます。

  • 相手に楽をさせる
  • 相手に考えさせない
  • これらを普段から意識して行動していきましょう。

    みんなにも教えて喜ばせてあげよう!