退職理由で絶対バレてしまう3つの嘘!バレずに円満退社できる嘘とは?

今回の記事では、

  • そもそも退職理由で、嘘(うそ)を使っても良いのか?
  • どんな嘘(うそ)ならバレないで、円満退社することができるのか?
  • ということについて解説していきます。

    というのも、会社を辞める時に、この2つの質問をされるからです。

  • なんで会社辞めるの?
  • 次はどうするの?
  • 僕が昔勤めていた会社でも、この2つについて本当にしつこく質問されました。そして、これらの受け答えによって残りの会社生活の居心地が変わってきます。

    あなたは、心の中では、

    心の声
    ブラック企業だから辞めるんじゃボケ~!
    心の声
    給料明らかに少ないから辞めるんだよ!!

    と本音を言いたいかもしれませんが、さすがに言えませんよね…笑

    そこで活躍するのが『』です。

    『嘘も方便』という言葉にもあるように、本音に上手く嘘を織り交ぜていくことでスムーズに退社することができます。

    ですので、この記事では会社を辞める時の「嘘」について解説していきます。それでは早速内容に入っていきましょう!

    会社を辞める理由で「嘘」をついても良いのか?

    そもそも、退職理由を伝えるときに「嘘(うそ)なんてついても良いのかなぁ?」と疑問に思っているかもしれません。

    結論から言うと、法的にも「会社を辞める理由」を明確にしなくても、何ら問題は無いんですね。

    つまり上司にべらべら、「なんで辞めたいか?」「次はどうするのか?」ということを答える必要はありません。

    退職届に、

    私事、このたび一身上の都合により、来る平成十八年○月○日をもって退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。

    〇月〇日 〇〇課 氏名

    と書けば、特に何も答えなくて済みます。

    ですが、99.9%の確率で、「なんで辞めるか理由をちゃんと教えてください」と突っ返されると思います。

    もし仮に、あなたが上司だった場合、あなたの部下が「一身上の都合で辞めます」と言ってきた場合、「なんで?」ということを聞きますよね?

    そして、『辞める理由』を何度聞いても、部下が黙秘し続けた場合、「イラっ」とするはずです。

    こうなってしまえば、退社するまで会社に行く必要がありますが、このときに地獄になってしまいます。。。

    なので、会社を辞める理由を聞かれることが当たり前と考えていたほうが良いでしょう。

    退職理由で嘘を使うための基礎

    まずはじめに、「仕事を辞めたい理由は?」と聞かれたときは、必ず「自己都合」の理由を答えるようにしましょう。

    なぜなら、会社都合にしてしまうと、印象がかなり悪くなってしまいますし「このように改善するので残ってくれ」引き止めのチャンスを与えてしまうことに繋がるからです。

    会社を辞める「ダメな例」としては、

  • 残業時間が長いから
  • 会社の人間関係が悪いから
  • 業務内容がつまらないから
  • などが挙げられます。

    キレイさっぱり辞めるためには「自己都合」の”嘘の理由”を考える必要があります。

    それではここからは、退職理由で使える「嘘」をたくさん紹介していきます。

    退職理由でこの嘘は絶対に使うな!バレる「3つのうそ」とは?

    会社を辞めるときは自己都合の嘘をつく必要があると先程お伝えしましたよね?

    ただ、以下の3つの嘘をついてしまうと、取り返しのつかないことになってしまう可能性があるんです、、、。

    退職理由でバレてしまう嘘はこの3つです。

    1. 家庭の事情系
    2. うつ・病気になった系
    3. 結婚・妊娠しました系

    それぞれ詳しく解説していきましょう!

    退職理由でバレる嘘1.
    家庭の事情系

    退職理由でバレてしまう嘘の1つ目は「家庭の事情系」です。

    「家庭の事情系」の退職理由としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 親の介護
  • 母が認知症になってしまい、介護をする必要が出てきた
  • 親が病気(更年期障害など)になってしまった
  • 引っ越し(地元に帰るなど)
  • 家業を継ぐ
  • このように、家族の健康問題を論点に出されると、会社側も「しょうがないな」となるケースが多いですね。

    ただし、、、会社によっては上司から「見舞いに活かせてくれ」と言われるケースもあるそうです。

    ですので、親の住所が会社と近ければ、使わない方が安全ですね。それに会社側から親に連絡がいき、事実確認をされるケースも十分にありえるのでキケンな手法になります。

    退職理由でバレる嘘2.
    うつ・病気になった系

    退職理由でバレてしまう嘘の2つ目は「うつ・病気になった系」です。

    「うつ・病気になった系」の退職理由としては、以下のようなものが挙げられます。

  • うつ病になってしまった
  • パニック障害になってしまった
  • 睡眠障害になってしまった
  • これらの理由だと、会社側から「見舞いにいかせてくれ」とか「診断書を見せてくれ」と言われるケースが予想されます。

    ですので、これらに対する「切り返し」ができない場合は、墓穴を掘ってしまうことになるので使わない方が吉でしょう。

    ただし、今、あなたが鬱っぽい症状が出ているなら、実際に病院に言って診断書をもらうことができれば、最強のカードになります。

    ですので、「本当にうつかもしれない…」と思っている方は、一回病院に行ってみてはいかがでしょうか?

    ▼関連記事:仕事辞めたい…もしかして鬱病(うつ病)かも?!再起不能にならないために

    退職理由でバレる嘘3.
    結婚・妊娠しました系

    退職理由でバレてしまう嘘の3つ目は「結婚・妊娠しました系」です。

    「結婚する」もしくは「妊娠」したから辞めるという場合は、嘘がバレたときのダメージが大きすぎます

    実際に、この嘘がバレてしまい、退社するまでの地獄のような時間だった…と体験談を語っていた女性もいました。

    また、万が一バレなかったとしても、お祝い金をもらったり、寄せ書きなどをもらってしまい、罪悪感が湧いてしまったというケースもあったので、あまり使わない方が良いですね。

    退職理由で嘘をつくならこれにしろ!バレない嘘とは?!

    会社を辞めるときに使える嘘で一番おすすめ&バレにくいものは「新たなチャレンジをしたい系」です。

    「新たなチャレンジをしたい系」の例をあげると、こんなものが挙げられます。

  • やりたい分野で新しいスタートを切りたい
  • 海外留学したい
  • 将来、独立したいと思っており、これらに時間を費やしたい
  • こういった理由が、一番カドが経たず、スマートな退職理由になるので、この方向性で嘘を作った方が良いです。(まあ、一番は嘘じゃないのが良いんですがね笑)

    ただ、僕個人的には嘘ではなく、ガチであなたに、新たなチャレンジをしてもらえればなぁ〜と密かに思っています。

    ですので、今のあなたに「やりたいこと」や「挑戦したいこと」があれば、それをすることを応援します!

    ただし、今のあなたが「やりたいことが無い」という状況であるなら、まず「あなたの強み」から見つけることが必要になってきます。

    僕もそうでしたが、自分の強みが見つかったら、自然と「あ、そういえばこういったことやってみたかったんだよな!」とやりたいことがフワッと湧いてきます。

    僕の場合は、このやりたいことは「ライティング」でした。(いまはまだまだ半人前ですが、楽しくライターとして活動することができています。)

    ですので、ぜひ「あなた自身の強み」を見つけてるようにしましょう!

    ただ、そうはいっても、

  • 自分の強みが分からない
  • 自分の心がやりたいと思っている仕事って何だろう?
  • 自分の強みや才能が活かせる仕事って何だろう?
  • と思っている方も少なくないと思います。

    そういった方は、ぜひ「性格診断ツール」を活用してみてください。

    なぜなら、「あなたの強み」は、あなたの中で”当たり前”になっており、自分ではなかなか気づけないからです。

    例えば、「仕事の納期ちゃんと守って素晴らしい〜!」と褒められていたとしても、『自分の中では期限を守ることが当たり前』だった場合、自分では、この強みに気づきにくいですよね、、、

    だからこそ、客観的に強みを分析する必要があります。

    ちなみに、僕は、「有料」「無料」関係なく、本当にたくさんの「性格診断ツール」を受けてきましたが、その中で、一番良かったのは「グッドポイント診断」でした。

    このグッドポイント診断は質問に答えていくだけであなたの隠れた「強み」や「才能」を教えてくれます。

    また、リクナビという転職業界の超大手会社が「膨大なビックデータ」を元に開発した強み分析ツールなので、かなり精度が高かったです。

    僕の場合、3000円くらい払って受けた有料の「強み分析ツール」とほぼ同じ強みが診断結果で出てきたので、「うわー…無料でこのクオリティとか…3000円損した…orz」となりました。笑

    「強み」は日常的に無意識的に発揮されているので、こういった「強み診断ツール」を使わないと、なかなか自分では分かりません。ですので、ぜひ一度、自分の隠れた強みや才能を調べることをオススメします!

    →「グッドポイント診断を無料で今すぐ受けてみる!

    会社を辞める理由は、結局「嘘」ついた方が良いのか?

    結局、会社を辞める時に、嘘はつかないに越したことはありません。なぜなら、あなたよりも何十年も社会人経験を積んでいる人は、あなたが嘘を付いているかどうかを、表情や声色で見抜きます。

    そして、嘘がついていたことがバレてしまうと、その会社での信頼が一気に無くなり、残りの日々が辛くなってしまいます。

    また、嘘を付いていることに対してもストレスが溜まってくるので、やっぱり一番良いのは出来るだけ自分都合で「正直な理由」を答えるのが良いでしょう。

    そのためにはやっぱり「自分のやりたいこと」や「自分の強み」を明確にした上で、上司に退職することを伝えることをオススメします。

    →「無料の「強み診断ツール」で隠れた強みを調べてみる!

    また、転職する場合は、もう二度と同じような上司の元で精神をすり減らさないために、ブラック企業かどうかは事前に必ずチェックすることをおすすめします。

    →ブラック企業かどうか、一瞬で暴く方法はこちら

    みんなにも教えて喜ばせてあげよう!