会社辞めたら終わりと思っていたけど、辞めたら人生変わったw

  • 会社を辞めたら、終わりだよ
  • 今、会社を辞めても、誰もお前のことを雇ってくれないよ
  • 3年経たずに辞めるなんてありえない
  • といったことを良く聞きますよね。

    僕も実際に、こういったことを言われてきました。そして、今は会社を辞めてフリーランスとして生きているのですが、やっぱり僕の決断は間違いじゃなかったなと感じています。

    前の会社では、毎日残業ばっかりで、生きていて楽しさが全くありませんでした。まるで、出口が分からない暗いトンネルでダッシュさせられているような感覚でした。

    その暗いトンネルの中に「会社を辞める」という1つの扉があるんだけど、誰もその扉を開けなかったし、上司や社長は、

    上司や社長
    その扉を開けると道は無いから奈落の底に落ちちゃうよ!

    と言っていたので、僕は『その扉を開ける』という選択肢を完全に消していました。

    でも、いつまでたっても暗闇のトンネルの中を走っている状況が苦しくて、苦しくて仕方がありませんでした。そして、我慢の限界に達したときに、僕の中で張り詰めていた何かがプッツーンと切れました。

    こんな状況は、もう死んでいるのも同然だと僕は思い、ついに禁断の扉を開ける決心をしたんです。

    重い扉をガガガガッって開けてみると・・・

    あたり一面、緑の芝生が生えており、明るい太陽が降り注いでいる空間にでました。綺麗な花が周りにさいており、その周りを蝶が舞っていました。

    本当にこんな感覚でした。
    会社を辞めるときは怖かったですが、実際に会社を辞めてみたら、終りではなく、むしろ始まりでしたし、辞めてから人生が変わりました。

    ですので、あなたも「会社を辞めたら人生終わりかもしれない」と思っているかもしれませんが、心配する必要はありません。

    ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、この記事では「会社を辞めると終わりではない」ということを紹介しています。

    会社を辞めると終わりだったら、世の中のほとんどの人が終わっている?

    そもそも、日本の平均転職回数を知っていますか?

    転職者実態調査によれば、日本の平均転職回数2.6回です。

    また、年齢別の平均転職回数はこのようになります。

  • 20~24歳:1.7回
  • 25~29歳:2.1回
  • 30~34歳:2.5回
  • 35~39歳:2.8回
  • 40~44歳:3.2回
  • ジョブインフォ 引用)

    つまり「会社を辞める=終わり」だった場合、日本人のほとんどが終わりだということになります。

    そんな訳ありませんよね。

    「会社を辞めたら終わりだ」と考えている人は、常識のトラップにはまっている可能性が高いです。

    あなたの中にある「~しなければいけない」とか「~すべきだ」というものはありますか?

    これらは、他人から刷り込まれた『常識』なので、あなたを惑わす面倒な奴です。

    例えば僕の場合はこのような『常識』を持っていました。

  • 転職は多くしてはいけない
  • 会社を簡単に辞めてはいけない
  • 仕事は辛くて当然だ
  • 汗水たらして働かなければならない
  • 嫌な仕事も我慢しなければいけない
  • このような他人の常識に縛られていると、窮屈になってしまい、本来のあなたの良さが潰れてしまいます。

    アインシュタインは「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う。」とも言いましたが、まさしくこの通りですね。

    そして、常識を気にして生きてしまうと、あなたが成功する確率がグッと低くなってしまいます。

    なぜなら、『常識=世間の一般的な考え方』です。そして、『世の中の95%の人は成功していない』という事実があるからです。

    大衆は常に間違う」という言葉があるように、大多数の意見を参考にすると、成功しない確率がグッと高まってしまうということです。

    周りの成功しているなと思う人を思い浮かべてみてください。どこか変わったところがあったり、ぶっ飛んだところがありませんか?

    もちろん謙虚さと素直さも兼ね備えているケースも多いですが、成功者は常識にとらわれない人が圧倒的に多いです。

    なので、もしあなたが成功したければ、他人の常識に振り回されるのは止めましょう。

    そして、このことを踏まえると、会社を辞めることは決して「終わり」ではありませんね。

    熱意があれば、会社を辞めることが「終わり」になるはずがない

    リクナビが企業側に対してある調査を行いました。

    それは、転職回数が採用に直接関係してくるか? という内容のもので、「転職者の転職回数は3回以上から気になる」と答えた企業が8割を占めていました。

    また、3回以上転職していた経験をしていても、転職理由が明確で意欲的な内容なら気にしないと答える企業が多くありました。

    つまり、転職回数は3回以上すると採用する際に少し気にされますが、熱意があれば問題ないということです。

    悩めるサム
    いやいや、熱意って簡単に言うけど、それが難しいんだよ!

    確かに熱意を出すのは難しいですよね。

    でも、好きなこととか、やりたいことをやっているときは、自然と『熱意』が出ませんか?

    僕の場合は、ブログを書くのが好きなので、記事を書いているときは自然と熱意が出て、楽しくなってきます。

    このように、あなたも好きな仕事や、自分の強みが発揮できる仕事を見つけられれば、辞めることが人生終わりになるワケがありません。

    そうはいっても、

  • 自分の強みや才能が活かせる仕事って何だろう?
  • 自分の心がやりたいと思っている仕事って何だろう?
  • と思っている方も少なくないと思います。

    僕も全く同じ状況だったので、すごく気持ちは分かります。

    でも、あることがキッカケで今は自分が好きなことを仕事に出来ましたし、毎日やる気マンマンで仕事ができるようになりました。

    何が、キッカケでこうなったのか?

    その答えは自分の強みを知ることができたからです。

    これまで僕は、「有料」「無料」関係なく、本当にたくさんの「性格診断ツール」を受けてきましたが、その中で、一番良かったのが「グッドポイント診断」です。

    このグッドポイント診断は、質問に答えていくだけであなたの隠れた強みや才能を見つけてくれるます。

    リクナビという転職業界の超大手会社が「膨大なビックデータ」を元に開発した強み分析ツールなので、かなり精度が高いです。

    僕の場合、3000円くらい払って受けた有料の「強み分析ツール」とほぼ同じ強みが診断結果で出てきたので、「うわー…無料でこのクオリティとか…3000円損した…orz」となりました。笑

    →「グッドポイント診断を無料で今すぐ受けてみる!

    一番大事なのは、やりたいことを仕事にすること

    「仕事を辞めると終わり?」と疑問に思っているかもしれません。しかし、あなたがやりたいことが決まっていて、それに向かって進んでいけるなら「仕事を辞めることは始まり」ですし、まるで天国です。

    そして、先ほど紹介したように、「転職して当たり前」という価値観が広がっており、熱意があれば転職回数は特に気にしないと考えている採用担当者がほとんどです。

    なので、重要なのは熱意をもって取り込める仕事を探すこと。つまり、やりたいことを仕事にすることです。

    そして、ここからはやりたい仕事を見つける方法を紹介していきます。

    やりたいことを探すヒントは、「あなたの価値観の優先順位」に隠されています。

    「あなたの価値観の優先順位」は、あなたの脳内フィルターのようなもので、あなたが何か行動をするときは、この価値観の優先順位によって行動を決定しているんです。

    悩めるサム
    ちょっと良く分からないです…

    そうですね…。例を挙げて説明していきます。

    例えば、前から好きだったA子ちゃんと金曜の夜に初デートをすることになったとします。

    会社を8時に切り上げて、A子ちゃんとの待ち合わせ場所にスキップで向かっている途中に、会社から急に電話がありました。

    電話に出ると上司から「急に書類を作らなければいけなくなってしまったから、会社に戻ってきてくれないか?」と言われたあなたは、どうしますか?

    もし、あなたの価値観が「A子ちゃん>仕事」であるなら、あなたは言い訳を上手く考えて仕事に戻らずに、デートに向かうはずです。

    反対にあなたの価値観が「A子ちゃん<仕事」であるなら、いくら好きだったとしても、デートの日程をずらすはずです。

    このように僕たちは、自分の価値観の優先順位によって決断をしています。ですので、まずはあなたの『頭のフィルター(価値観の優先順位)』をはっきりさせる必要があるのです。

    やりたい仕事の見つけ方は、かなりボリュームが多くなってしまうので、こちらの記事を参考にしてください。

    ▼関連記事:やりたいことが見つからない人必見!本当にやりたいことを見つける方法

    ちなみに、やりたいことが、ぼんやりしていて分からない場合は、まずは「自分の強みを見つけること」に専念しましょう。

    ただし、「俺の強みを見つけるぞ!」と気合を入れたとしても、「強み」というのは無意識的に発揮しているものなんで、なかなか自分では見つけることが難しいんです。

    なので、ぜひ無料の「強み分析ツール」を使ってみることをオススメします。

    →「グッドポイント診断で自分の隠れた強みを見つける!

    まとめ

    「~しなければいけない」とか「~すべきだ」という他人から刷り込まれた『常識』のトラップにはまらないようにしましょう。

    『常識=世間一般論』です。
    そして「95%の人は成功していない」ので、この常識は、あなたを成功や幸せから遠ざけるものがほとんどです。

    そもそも熱意があれば、いくら転職回数が多くても、再就職のチャンスがあります。なので、あなたが熱意が持てる仕事をするのが一番大事です。

    そして、転職する場合は、もう二度と合わない会社に入って、精神をすり減らさないためにも、事前に必ずチェックするようにしましょう。

    →一瞬で会社の内情を暴く方法はこちら

    みんなにも教えて喜ばせてあげよう!