仕事がイヤイヤ病になってしまう3つの原因と解決方法

毎朝目覚めると「会社行きたくないな…」と憂鬱になっていませんか?

今回は、仕事がイヤイヤ病になってしまう原因と、その解決方法に関して詳しくご紹介していきます。

仕事がイヤイヤ病になってしまう〇つの原因とは?

何も原因がなく「仕事がイヤイヤ病」になることはありません。
自分でも気づいていないかもしれませんが、どこかしら原因があるものです。

原因が分かれば、あなたがどんな解決手段をとるべきか明確になります。なので、まずはイヤイヤ病になっている原因を書き出しましょう。

恐らくこの3つに収束すると思います。

①職場の人間関係
②会社の待遇(給料など)
③業務内容
これといって原因が分からない場合は、上記の③に当てはまると思います。
なぜなら「あなたの価値観・才能」と「業務内容」がフィットしていなことが原因で身体が拒否反応を起こしている可能性が高いからです。

ずっとこの拒否反応が続くと「うつ」になってしまうので、早めに解決するようにしましょう。

仕事がイヤイヤ病を解決する方法とは?

いよいよここから解決方法になります。
1カ月以上イヤイヤ病が続いている場合はこちらの手順で解決していきましょう。
(※1カ月以内の急性イヤイヤ病に関しても、後ほど解決法を記載してます。)

手順1:イヤイヤ病になってしまう原因(どこが嫌か)を具体的に書く

まずは、あなたがイヤイヤ病になっている原因は何かを特定します。
そうすることで、自分の力で解決するべきか、環境を変えるか判断することができます。

例)
———————
・残業が多すぎる
・上司が理不尽で私にだけきつく当たってくる
———————

手順2:考えうる解決策、緩和策を書き出す

解決策を書いていきます。
自分がどう変わるか?、環境をどう変えるか?、誰に相談するか?を書いていきましょう。

残念ながら、他人は変えることができません。
なので自分で自分のスタンスを変えるか、環境を変えるしかありません。

例)
———————
・残業が多すぎる

解:上司に相談/仕事が早くこなせている同僚にコツを教えてもらう。
———————
・上司が理不尽で私にだけきつく当たってくる

上司に接する態度を変えてみる。それでもだめなら部署移動を申し出る
———————

手順3:「考えうる解決策、緩和策」に対して納期を切る

人間は基本的に行動しません。
書き出した解決策に対して、いつまでに行動するか納期を切りましょう。

「うわ~面倒臭いな…」と思うかもしれません。

しかし、イヤイヤ病を緩和するためには、今を変える行動をするしかありません。怖かったり、辛かったりするかもしれませんが一歩を踏み出しましょう。

短期的な急性イヤイヤ病の特効薬とは?

1カ月以内の急性イヤイヤ病を治すためには主に4つの方法があります。
これらの4つの方法はすべてリフレッシュすることが目的になっています。

イヤイヤ病の時は視点が狭くなってしまいがちなので、リフレッシュすることで再度仕切り直しを目指しましょう。

①寝る
睡眠時間が少ないと、ストレス耐性が弱くなってしまいます。
しっかりと睡眠をとることで、あなたに活力を与えてくれます。

②旅行に行く
旅に出かけるだけで、脳内がスッキリとクリアになることはありませんか?これは旅の中での新しい経験や、新しい景色が脳を刺激することによって、脳が活性化するためです。

旅行に行くことは脳科学的にも、前頭前野が活性化したり、幸福ホルモンがでるのでオススメです。

③運動をする
運動をすることで、脳内でセロトニンと呼ばれる幸福ホルモンが分泌されます。また運動に集中することで、仕事のことしか考えることができなかった脳をOFFにすることができます。

気持ちよく汗をかいたら、きっとリフレッシュできるはずです。

④映画を見る
この方法は僕が良く使っていました。
人間の脳は、現実世界とフィクションを区別できないといことを知っていましたか?
脳は、映画の世界も現実世界のことと無意識化で認識してしまうんです。

なので、ハッピーエンドの映画を見ることで、あなたの心をリフレッシュできます。

僕のおすすめの映画は「きっと、うまくいく」です。

もし、これらを試してみても、全然リフレッシュできないなら、転職するのも全然ありだと思います。これから何年間も「イヤや〜」という状況で仕事をしたとしても、あなたにとってメリットは一つもありません。

そして、もし仮に、転職する場合は、変な会社やブラック企業を選ばないためにも、会社の内情を知ることが大切になってきます。

→その会社はブラック企業?! 会社の内情を一瞬で暴く方法

あなたの価値観が分かれば「イヤイヤ病」を治す近道になる

これは僕が高額なセミナーで学んだ内容になります。
現代の心理学、NLPの要素も入っているので参考になると思います。

そもそも人間の1日のエネルギー量は決まっているって知っていましたか?

好きなことをしているときはエネルギーは高まっています。しかし、嫌いなことをしているときはエネルギーをガンガン消費してしまっています。

例えば、
人と話すのが好き人なら、営業先のお客さんと盛り上がっているときは全然疲れないし、商談が終わった後は身体がスッキリしています。

しかし、
経費精算やデータ分析をオフィスでするとなると、苦痛でたまらなくなってしまうはずです。

自分の価値観や才能にマッチしていない業務をすると、このようにエネルギーの消費量が多く苦痛な作業になってしまいます。つまりイヤイヤ病になってしまうということです。

なので、イヤイヤ病を脱するためには、「あなたの強みや才能」を理解する必要があります。

そうはいっても、

  • どうしたらよいかサッパリ分からない
  • 自分の心がやりたいと思っている仕事って何だろう?
  • 自分の強みや才能が活かせる仕事って何だろう?
  • と思っている方も少なくないと思います。

    僕も全く同じ状況だったので、すごく気持ちは分かります。

    でも、「自分の強み」が見つかったことで、今では好きなことを仕事に出来ましたし、毎日やる気マンマンで仕事ができるようになりました。

    これまで僕は、「有料」「無料」関係なく、本当にたくさんの「性格診断ツール」を受けてきましたが、その中で、一番良かったのが「グッドポイント診断」です。

    このグッドポイント診断は「強み分析ツール」で、質問に答えていくだけであなたの強み5つを教えてくれます。

    リクナビという転職業界の超大手会社が「膨大なビックデータ」を元に開発した強み分析ツールなので、かなり精度が高いんです。

    僕の場合、3000円くらい払って受けた有料の「強み分析ツール」とほぼ同じ強みが診断結果で出てきたので、「うわー…無料でこのクオリティとか…3000円損した…orz」となりました。笑

    基本的に自分で、自分の強みを客観的に把握することは難しいです。

    「強み」は日常的に無意識的に発揮されているので、こういった「強み診断ツール」を使うことで、「あぁ、そうか!オレの強みってこれなんだ!」という新たな発見もあるはずです。

    ですので、仕事でやる気がでないのであれば、一度、自分の隠れた強み・本当の才能を調べることをオススメします!

    →「グッドポイント診断を無料で今すぐ受けてみる!

    あなたの強みや才能を活かす仕事であれば、イヤイヤ病は完治します。

    これは断言できます。

    なぜなら僕自身がそうだったからです。

    僕は「人見知りタイプで考えが慎重」にも関わらず、営業だったので仕事がつからった時期もありました。

    しかし、僕の一番の価値感は「自己表現」で尚且つ「自分の成長と他人の成長が大好き」ということに気づいてからは、これらを表現できる仕事に切り替えました。その結果、今はかなり楽しく仕事をすることができています。

    なので、まずは「あなた自身の強みと才能」を見つけましょう!

    →「グッドポイント診断で自分の隠れた強みを見つける!

    みんなにも教えて喜ばせてあげよう!