仕事のやる気がなくなった そこのあなた!おめでとうございます

いきなり意味不明なタイトルでスミマセン。。

読者A
おめでとうございます? ふざけんなよ!こっちは仕事のやる気がなくなって困ってるんだよ!

と思ったかもしれません。

でも、ふざけているわけではなく、本当に心の底から「おめでとうございます」と僕は思っています。

なぜなら、今があなたにとって転換期でありチャンスだからです。

僕は、かつてブラック企業で働いていました。1年目は忙しかったけど、それと同時にやりがいも感じておりました。

しかし、2年目が終る頃、急にやる気が出なくなってしまいました。いわゆる『燃えつき症候群』ってやつですね。

仕事に対して全くモチベーションが出ず、何もかも投げ捨てて、どこかに消えてしまいたいと思っていました。

でも、この期間があったからこそ、自分のことについて深く考えることができたし、自分が本当に求めているものを知ることが出来ました。そして、冗談抜きで人生が変わりました。

なので、この記事では、僕の経験を踏まえて、やる気が無くなってしまったあなたが何をするべきか詳しく説明しています。

仕事で急にやる気がなくなってしまう理由

仕事で急にやる気が出なくなってしまう理由は、『あなたの今の仕事が、あなたの人生において「本当に必要なもの」ではない』ということにあなた自身が気づいてしまったからです。

「気づいてしまった」と表現しましたが、おそらく自覚できている人は少ないと思います。

私たちは、無意識化(潜在意識)では「俺の人生にとって、今の仕事はやりたいことじゃない」と気づいているケースがほとんどです。

そして、その心の声を無視し続けると、やる気が全くわかない状態に陥ってしまいます。

ちょっと分かりにくいかもしれないので例を挙げましょう。

仕事で急にやる気がなくなっているときは、下記の例のように『心の声』と『頭の声』が対立しており、歪みができてしまっているケースが多いんです。

(例)
▼『心の声
・もっと自分のやりたいことにチャレンジしたい
・こんなことつまらない。ワクワクすることがしたい
・こんな仕事をしていても私は幸せになれないよ!

▼『頭の声
・給料良いから、我慢しろ!
・みんなに期待されているから頑張れ!
・3年経たないで辞めたら、ダサいから頑張れ!

このような心が無理をしている状況にずっといると、あなたの心はパンクをしてしまいます。

仕事でやる気がなくなったら、やる気を出さなくて良い!

心の声』を無視して、『頭の声』だけに従って、やる気を出そうとアクセルを踏み込みつづけると、あなたの心は大きく歪んでしまい、粉々になってしまうかもしれません。

仕事でやる気がない時期というのは、心も体もリフレッシュして充電する必要があります。

なので、あなたがやるべきことは、無理やり「やる気」や「モチベーション」を絞り出すのではなく、自分の心の声』に耳を傾けることなんです。

先ほども書きましたが、僕も入社2年目の終りごろは、仕事に対するやる気が全く湧きませんでした。やる気はないけど仕事はバンバン振ってくるので忙しかったです。

あまりに過酷な労働環境で、人間らしい生活もままならず、当時の僕の心は「果たしてこれでいいのか?」「このまま仕事をして、俺は幸せだろうか?」と自問自答を繰り返していました。

当時の僕は、精神的に追い詰められてしまっており、うつ病の一歩手前まで来ていました。

もしも、あなたも以前の僕のような状況なら、無理にやる気を出して心に必要以上の負荷をかける必要はありません。

だって、体調を崩して再起不能になってしまったら、あなたは時給800円のバイトさえ出来なくなってしまうからです。

仕事のやる気がなくなっている時期は何をするべき?

仕事のやる気がなくなっている時期は、ひたすら自分の『心の声』を聞くようにしましょう。今まであなたは『頭の声』ばっかりに従って生きてきたかもしれません。

頭の声』に従って生きていると、楽な場面もたくさんあります。他人に期待されることをやれば、他人から褒められるし、評価してもらえますよね。

でも考えてみてください。
頭の声』に従ってで生きているときは、人生の主導権が完全に他人軸になっていませんか?

現代社会では他人軸で生きている人が多すぎます。

  • 他人が●●万稼いでいるから、俺も●●万稼がなくちゃ!
  • 他人からこう思われてしまうんじゃないかな?
  • 他人も持っているから、俺も欲しい!
  • などが代表的な例ですね。

    他にも、Facebookで友達の投稿を見た結果、

  • 俺もこんな生活を送りたいとか
  • こんな彼女が欲しいとか
  • 結婚みんなしているから俺もそろそろかな
  • などと思ったリしてしまいますよね。

    少し仕方が無い部分もありますが、これも他人軸で生きてしまっている例です。

    このように現代社会では、情報量が多すぎるので、僕たちは『自分軸が何か?』を考える時間が極端に少なくなってしまっています。

    そして他人の物差しで幸福か不幸かを測って、束の間の幸せを得る。そんな状況が続くと、『心の声』が悲鳴を上げます。

    今のあなたはまさに『心の声』が悲鳴を上げている状況なので、何に対して悲鳴を上げているか、しっかり聞いてあげましょう。

    他人軸で生きているうちはあなたは、幸せになれませんし、あなた自身がブレブレになってしまいます。

    そして、99%の人は『やる気が出ない状況=悪いこと』
    というように捉えますが、実はやる気が出ない状況っていうのは、あなたにとって転換期であり、チャンスなんですね。

    要するに、今、まさに古い価値観を捨てて、新しい価値観で生きていく転換期(チャンス)なのです。

    かつての僕もそうでしたが、「自分の強みや得意なこと」が仕事で発揮できていなければ、仕事がつまらなくなるのはある意味、当然です。

    「頭」ではなく、「心」がしたいと思っている仕事をしなければ、やる気がでないように、人間はなっているのです。

    そうはいっても、

  • どうしたらよいかサッパリ分からない
  • 自分の心がやりたいと思っている仕事って何だろう?
  • 自分の強みや才能が活かせる仕事って何だろう?
  • と思っている方も少なくないと思います。

    僕も全く同じ状況だったので、すごく気持ちは分かります。

    でも、あることがキッカケで今は自分が好きなことを仕事に出来ましたし、毎日やる気マンマンで仕事ができるようになりました。

    何が、キッカケでこうなったのか?

    その答えは自分の強みを知ることができたからです。

    これまで僕は、「有料」「無料」関係なく、本当にたくさんの「性格診断ツール」を受けてきました。

    その中で、一番良かったのが「グッドポイント診断」です。

    このグッドポイント診断は「強み分析ツール」で、質問に答えていくだけであなたの強み5つを教えてくれます。

    リクナビという転職業界の超大手会社が「膨大なビックデータ」を元に開発した強み分析ツールなので、かなり精度が高いです。

    僕の場合、3000円くらい払って受けた有料の「強み分析ツール」とほぼ同じ強みが診断結果で出てきたので、「うわー…無料でこのクオリティとか…3000円損した…orz」となりました。笑

    基本的に自分で、自分の強みを客観的に把握することは難しいです。

    「強み」は日常的に無意識的に発揮されているので、こういった「強み診断ツール」を使うことで、「あぁ、そうか!オレの強みってこれなんだ!」という新たな発見もあるはずです。

    ですので、仕事でやる気がでないのであれば、一度、自分の隠れた強み・本当の才能を調べることをオススメします!

    →「グッドポイント診断を無料で今すぐ受けてみる!

    まとめ

    仕事で急にやる気がなくなってしまう理由は、「あなたの今の仕事が、あなたの人生において本当に必要なものではない」ということにあなた自身が気づいてしまったからです。

    仕事でやる気がなくなったら、無理やりやる気を出すのではなく、心も体も休息を求めているので充電しましょう。そして『頭の声』ではなく、『心の声』に耳を傾けましょう。

    もしあなたが、『自分のやりたいこと』『自分軸』『自分の価値観』が分からなければこちらのページで詳しく解説しているので、参考になれば幸いです。

    ▼関連記事:仕事でやる気が出ない『本当の理由』と根本的解決方法

    みんなにも教えて喜ばせてあげよう!