泣くほど仕事が辛い人必見!原因と打開策まとめ

この記事では「仕事が泣くほど仕事が辛い人」はどうすれば良いのか? っという解決策を、解説しています。

もしかすると、今、あなたは、

  • 仕事のことを考えると胸が締め付けられて、涙がでてきちゃう…
  • 最近、我慢の限界がきて、仕事中も涙が止まらなくなる…
  • 仕事の帰り道で何故か涙が溢れてくる…
  • という感じで追い詰められいる状況かもしれませんね。

    僕も同じような経験をしていたので、この気持は痛い程よく分かります。当時の僕は、一人じゃ到底こなせないような量の仕事を振られ、誰にも頼れない状況下で、連日怒られていました。

    その時は、死んだような顔で終電に乗って、最寄駅から家までトボトボと帰っていると、涙が「ツーー」と出てきて止まりませんでした

    本当に辛くて辛くて苦しかったです。

    こんなかつての僕みたいに辛い日々を送っている人のために、原因と解決法を紹介していきます。それでは早速内容に入っていきましょう!

    泣くほど仕事が辛いなら、あなたは「うつ病予備軍」かも

    仕事が辛くて泣いてしまうということは、あなたは過度なストレス状況下にいるということです。

    頭では理解できてなくても、心がイエローカードを出しています。
    もし、あなたが現在このような状況なら、うつ病の一歩手前とも言われているので、十分な休息が必要です。

    ▼「うつ病」の思考パターン
    ・毎日、仕事に行くことが憂鬱で仕方がない…
    ・遅刻や欠勤を繰り返すようになる
    ・自分だけ仕事ができなくて、取り残されているように感じる
    ・身体がだるくて、頭が重い
    ・頭痛、めまい、吐き気の症状が頻繁にある
    ・寝ようと思っても中々眠れない
    ・死んだ方がましだと考えることがある

    もし、このうち3つ以上当てはまるのであれば一度病院に行くようにしましょう。

    そして、もし仮に「転職」をする場合、もう二度と同じような上司の元で精神をすり減らさないために、ブラック企業かどうかは事前に必ずチェックするようにしましょう。

    →ブラック企業かどうか、一瞬で暴く方法はこちら

    泣くほど仕事が辛い理由は?

    仕事が泣くほど辛い理由は、この3つのうちのどれかに分類されると思います。

    ①業務内容がしんどい
    ②職場の環境(労働時間や給料など)が劣悪
    ③職場の人間関係が悪い
    中には③つのうち、すべて当てはまるという人もいますが、人間関係が「退職を決断するスイッチ」になっているケースが多いですね。

    現在このような状況下にいるなら、退職を考える前に部署移動をお願いしてみてはいかがでしょうか?

    「そうは言っても、無理だよ!」という人も多いと思うので、これから打開策を紹介していきます。

    泣くほど仕事が辛い人のための打開策とは

    泣くほど仕事が辛い人のための打開策①
    ひたすら泣く

    泣くことは、ストレス発散に効果的だということが研究結果でも明らかになっています。なので無理に我慢せず、とことん泣きましょう。

    泣き疲れてるとぐっすり眠ることができます。
    起きた時には妙に頭の中がスッキリしているはずです。

    また、とことん泣くために感動的な映画を見るのもオススメです。
    僕がめっちゃ、おすすめしている映画は「きっと、うまくいく」です!

    笑いあり、感動ありの映画です。
    そして観終わった後には、今まで抱え込んできた人生の重荷がスッと軽くなっていること間違いなしです。

    関連記事:仕事が辛い人必見!かつて社畜だった僕がオススメするNo.1映画

    泣くほど仕事が辛い人のための打開策②
    病院に行く

    病院に行けば「うつ病」かどうか診断してもらうことができます。(心療内科、精神科、神経科の病院であれば診断してもらえます。)

    そして、病気を治すために仕事を休んだ方が良いと判断されれば、「うつ病の診断書」を発行してもらうことができます。

    さすがに「うつ病の診断書」があれば、上司もことの重大さに気づくでしょう。

    関連記事:会社辞めたい…もしかして鬱病(うつ病)かも?!再起不能にならないために

    泣くほど仕事が辛い人のための打開策③
    旅行に行く

    仕事のプレッシャーが続くと、心身は疲れ切ってしまいます。
    パソコンでも同じです。
    シャットダウンせずに付けっぱなしだと、動作が重くなったり、酷い場合だと故障しますよね。

    だから、あなたが壊れないためにも心身をリフレッシュすることは重要です。

    旅行に行くことで、脳に新しい刺激が加わります。
    そうすると視野が広くなるので、打開策のアイディアも見つかるかもしれません。

    旅行に行けない人は、ひたすら散歩するのも気分転換できるのでオススメです。

    泣くほど仕事が辛い人のための打開策④
    運動する

    運動に集中することで、仕事のことが頭の中から消えてリフレッシュすることができます。僕も仕事で辛いことがあったときは、ジムに行って大量に汗をかきながら、運動していました。

    体を動かすとクタクタになるので、その日はぐっすりと眠ることができるのもメリットです。

    関連記事:仕事がイヤイヤ病になってしまう3つの原因と解決方法

    泣くほど仕事が辛い人へ。本当に辛いときは躊躇なく逃げてください

    本気で辛い人は逃げてください!
    日本では、仕事が原因で自殺する人が毎年約2,500人もいるんです。

    うつ病になってしまったら、自殺が絶対ダメということも分からないくらい追い詰められてしまいます。

    健康でさえいれば、仕事は見つけることができます。
    あなたが、そんな劣悪な環境の犠牲になって苦しむ必要はないです。

    いいですか?

    「逃げるが勝ち」という素晴らしいことわざにもあるように、健康でさえあれば何度でもチャレンジできます。

    笑われたったって、失望されたって、あなたが満足する人生を送るべきだと思うので、本当につらい人は全力で逃げましょう。

    そして、転職する場合は、もう二度と「自分と合わない企業」や「ブラック企業」を選んでしまわないためにも、会社の内情を知ることが大切になってきます。

    →その会社はブラック企業?! 会社の内情を一瞬で暴く方法とは?

    それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

    みんなにも教えて喜ばせてあげよう!