仕事が辞めたい理由ランキング!【本音/建前ベスト10】

「仕事が辛くてもう限界!」
「早く仕事を辞めたいな・・」

と思っても、仕事を辞めるためには『辞める理由』を伝えるありますよね。

今回は仕事を辞めたい「本音の理由」「建前の理由」をランキング形式で一挙に紹介します。 

退職理由「本音ランキング」TOP10

1 位 :上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2 位 :労働時間・環境が不満だった(14%)
3 位 :同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4 位 :給与が低かった(12%)
5 位 :仕事内容が面白くなかった(9%)
6 位 :社長がワンマンだった(7%)
7 位 :社風が合わなかった(6%)
8 位 :会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
9 位 :キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

(引用元: リクナビアンケート)

仕事を辞めたい「本音の理由」1位

1位はなんと「経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」です。
これは、6,7位とも絡んでいると思います。

僕はかつて広告代理店に居たのですが、この会社も同じような状況だったので、すごく良く分かります。

現場では案件数が多くなってしまい、手が回っていないのにも関わらず、社長を含めて経営層は「案件をさらに獲得しろ!」と上から目線で命令してくることに対して何度もイラっとしてました。

仕事を辞めたい「本音の理由」2位

2位は労働環境です。
日本って海外に比べて、異常なくらいサービス残業がまかり通っていますよね。

僕は「サービス残業=偉い」という考え方はクソだと思っていますが、このように考えている経営者はまだまだ多いですね。

『労働環境が劣悪でも良し』としている経営者の方針が嫌いということも、入っていると思うので、1位と重なる部分もありますね。

仕事を辞めたい「本音の理由」3位

3位は同僚や先輩との人間関係です。
職場には、なぜかわからないけどモンスターみたいな性格をしている人が数人いますよね。。笑

そういった人に目をつけられたら、しんどいですよね。

人間関係が3位ですが、結局「転職しよう」と決断する最後の後押しは、この人間関係が理由になるケースは多い気がします。

今まで本音を紹介してきましたが、ぶっちゃけ辞める時に本音をぶつけるのは、角が立ってしまうし、後味が悪いですよね。そんなときに、これから紹介する「建前」が大活躍します。

退職理由「建前ランキング」TOP10

1位 :キャリアアップしたかった(38%)
2位 :仕事内容が面白くなかった(17%)
3位 :労働時間・環境が不満だった(11%)
3位 :会社の経営方針・経営状況が変化した(11%)
5位 :給与が低かった(7%)
6位 :雇用形態に満足できなかった(4%)
6位 :勤務地が遠かった(4%)
6位 :仕事に対する責任がなく物足りなかった (4%)
9位 :上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(2%)
9位 :同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった (2%)

(引用元: リクナビアンケート)

仕事を辞めたい「建前の理由」1位

1位は「キャリアアップしたい」です。

・・・うん。

良い響きですね。キャリアアップ。
もっともらしい理由になりそうですね。

ただ、具体性がない「キャリアアップしたい」だと反論されるでしょう。

  • 「具体的にどんなキャリアアップをしていきたいの?」
  • 「今の環境以上にキャリアアップできる環境ってあるの?」
  • 「逃げたいだけじゃないの?」
  • あいまいな答えだと、このように集中砲火を浴びせられしまいます。

    なので、キャリアアップを建前の理由とするときは、3手先の質問の答えまで用意しておくようにしましょう。

    仕事を辞めたい「建前の理由」2位

    2位は「仕事内容が面白くなかった」です。

    今の仕事が自分に向いてないと思う人は、共感できると思います。

    僕も入社2年目に差し掛かったときに、あまりにも業務内容が辛かったので、泣きながら「僕、この仕事向いてないと、思うんで辞めさせてください・・・」と伝えたことがあります。

    結局、上司に『後ろ向きな退社は認めない』と一蹴されてしまったんですがね。。
    僕がかつて居た会社のようにコンサル系の会社だと、「転職=逃げ」みたいな風潮が強い気がしますね。

    僕が考えるベストな転職理由とは

    色々考えた結果、僕的には、こんな伝え方をするのが今のところベストだと考えています。

    〇〇というような仕事がしたいと思って転職を考えています。

    たしかに、今の会社でも〇〇というような仕事はできると思うんですが、□□□という理由から新しい環境でチャレンジできればと考えています。

    もしかしたら、あなたは「チャレンジしたいことなんてないわ!」と思っているかもしれません。

    であれば、これから紹介するような明らかに嘘っぽい理由でなければ良いと思います。

    ウソと思われても仕方ない。。退職理由ランキング

    1位:夢を追いかけます(20%)
    2位:自分がいたら迷惑をかけるので(13%)
    3位:田舎へ帰ります(12%)

    (引用元: マイナビ調べ/回答数:男性348名、女性430名)

    「夢を追いかけます」という理由は具体性があれば信ぴょう性が増しますが、具体性が全くなければ疑われる確率大です。

    この他には、このような理由が嘘っぽい理由として挙げられました。

  • 結婚するから
  • 妊娠した
  • 親の介護をする
  • 会社を辞めてしまう理由が、嘘っぽくなってしまう最大の理由は、『具体性がない』ということです。具体性が無ければ、上司は取り調べをする警察官並みにしつこく裏を取ってくるでしょう。

    しかし、具体性さえしっかりとあれば、それっぽい理由になるので、辞める理由は具体的に準備しておきましょう。

    会社を辞めるべきか、辞めないほうが良いか

    会社を辞めるか、辞めないかというという判断に関しては、僕の持論は『辞めたいと思った時が辞めどき』です。

    しかし、それだと分かりづらいと思うので、こちらの基準で判断してみるのをオススメします。

    ①なりたい自分の未来像がない
    ②自分の成長につながっていない
    ③1カ月間以上辞めたいという感情が続いている
    ④業務内容があなたの価値観にフィットしていない

    この4つ中3つ以上当てはまるなら転職を考えても良いと思います。

    それでもモヤモヤする人はこちらの記事をオススメします。

    ▼関連記事:仕事を辞めたいときは〇〇には絶対相談するな!

    みんなにも教えて喜ばせてあげよう!