辞めた方がいい会社か判断する4つのポイントとは?

  • この会社辞めたほうが良いのかな…?
  • 辞めたほうが良い会社だと思うけど、働き始めて3年経ってないからどうしよう…
  • などと思ったことはありませんか?

    恐らく9割以上の方はこのように考えたことがあるかと思います。

    また、僕自身、会社を1社しか経験していないときは、『その会社での当たり前』が『一般的な会社の当たり前』として感じてしまっていました。

    しかし、このような状況だと、劣悪な環境の会社でも「それが当たり前」だと思ってしまうので危険です。

    なので、この記事では辞めたほうが良い会社の特徴を紹介していきたいと思います。

    一般的に辞めたほうが良いと言われる会社の特徴

    辞めたほうが良い会社は、他のサイトではこのようなものが挙げられていますよね。

    ▼職場の環境が悪い
    ┗長時間労働、サービス残業が当たり前
    ┗労働環境の安全性が確保されていない
    ┗人間関係が悪い、お局がいる
    ┗尊敬できる先輩が一人もいない
    ┗パワハラ、セクハラがある
    ┗辞める人、休職する人が多い
    ▼職場の経営不振
    ┗給料が未払い
    ┗ボーナスが出ない
    ┗給料が少なすぎる
    ┗昇給やボーナスが期待できない
    ▼会社の方針が合わない
    ┗人を騙すようなことをしている会社
    ┗非合理、非効率がまかり通っている
    ┗社風が合わない(体育会系など)

    他にも、社長がそばを食べる頻度が高くなったら、経営難になっている会社だとか、突っ込みどころの多いようなものもありました。笑

    このように色々とチェック項目がでてきましたが、辞めた方が良い会社かを判断するには、最終的に『4つのポイント』を見るだけで問題ありません。

    この4つの判断基準はこちらになります。

    《辞めたほうが良い人の4つのポイントとは?》

  • ①なりたい自分の未来像がない
  • ②自分の成長につながっていない
  • ③1カ月間以上辞めたいという感情が続いている
  • ④業務内容があなたの価値観にフィットしていない
  • なぜ、この4つの基準でみるべきかというと、いくら過酷な職場環境に居たとしても、働いている本人が楽しかったり、イキイキしている場合があるからです。

    ですので、僕は辞めたほうが良い会社の特徴というよりかは、あなた自身が辞めたほうが良い状況にいるかどうかでチェックした方が正確な決断をすることができるでしょう。

    あなたにとって辞めた方が良い会社の判断ポイント

    先ほども紹介したように、自分自身を客観的に見たときに、これら4つのうち3つ以上当てはまるなら、会社を辞めたほうが良いと言えます。

    《辞めたほうが良い人の4つのポイントとは?》

  • ①なりたい自分の未来像がない
  • ②自分の成長につながっていない
  • ③1カ月間以上辞めたいという感情が続いている
  • ④業務内容があなたの価値観にフィットしていない
  • 詳しくはこちらの記事に記載しているので、参考にしていただければ幸いでございます。
    ⇒【転職すべき?】会社を辞めるか迷っている人必見!辞めるか判断する4つのチェックポイント

    もしあなたが、3カ月以上今の業務を続けており、尚且つ上記の4つの判断ポイントを満たしているなら、会社を辞めても良いと僕は思っています。

    だって、つまらないと思いながら仕事をしたとしても、効率が悪いですし、精神的にも悪影響を及ぼしてしまいます。ですので、環境を変えることは賛成です。

    ですが、その時にあなたのやりたいことを明確にしておきましょう。この明確なやりたいことさえあれば、暗闇の中を照らす一筋の光のようにあなたの道しるべになるはずです。

    やりたいことが分からない人はこちらの記事を参考にしてみてください。

    ▼関連記事:やりたいことが見つからない人必見!本当にやりたいことを見つける方法

    まとめ

    あなたにとって辞めた方が良い会社かどうか判断するために、こちらをチェックしてみてださい。

    4つのうち3つ以上当てはまれば辞めても良い会社ということになるでしょう。

  • ①なりたい自分の未来像がない
  • ②自分の成長につながっていない
  • ③1カ月間以上辞めたいという感情が続いている
  • ④業務内容があなたの価値観にフィットしていない
  • ▼関連記事【転職すべき?】会社を辞めるか迷っている人必見!辞めるか判断する4つのチェックポイント

    また、会社を辞める時は何がしたいかを明確にしておきましょう。もし、あなたのやりたいことがイマイチ見えていないなら、こちらの記事を参考にしてみてください。

    ▼関連記事:やりたいことが見つからない人必見!本当にやりたいことを見つける方法

    みんなにも教えて喜ばせてあげよう!