会社を辞める理由で使ったら危険な「言い訳」ベスト3

「もう、こんな会社辞めてやる!」と会社を辞めることを決断しても、上司に、辞める理由を正直に伝えるべきか迷いますよね。

会社を辞める理由を

  • 会社がつまらないから…
  • 仕事に魅力を感じないから…
  • 上司が人間的に嫌いだったから…
  • 残業代が出ないから…
  • 労働環境が劣悪だったから…
  • というように正直に伝えてしまうのは良くありません。

    なぜなら、もし仮にあなたが新しい会社に転職したとしても、「職場のメンバー」と「前職のメンバー」が友達で、つながっているケースが大いにしてあるからです。

    実際に、「転職先の社長」と「前職の社長」が仲が良くってつながっていたというケースも良く聞きます。ですので、あなたが損しないためにも「立つ鳥後を濁さず」精神で会社を辞めることは重要になってきます。

    そこで、この記事では会社を辞める時に使うべきではない「危険な言い訳」を紹介いたします。また「辞める言い訳は何がベストなのか?」という部分についても詳しく掘り下げてまいります。

    会社を辞める理由で使ったら危険な「言い訳」ベスト3

    会社を辞めるときに使う「言い訳」は「薬」と同じです。適度に使うと、スムーズに会社を辞める手助けになります。ですが、あまりにも大量に「言い訳」を使うと、嘘がバレてしまい、あなた自身が苦しんでしまいます。

    ですので、まずは、「使うと危険な言い訳」を紹介していきます。

    会社を辞める時の危険な言い訳①:会社の事情が原因

    会社の事情にしてしまうのは良くありません。
    例えそれが「言い訳」ではなく、「正直な本音」だとしてもです。

    例えば、

  • 仕事がつまらなかったから
  • 上司がいつも怒っていて怖かったから
  • 残業時間が長かったから
  • 残業代が出なかったから
  • などと会社都合の理由を使うのはあまりよくありません。

    なぜなら、

    上司
    そこを治すから、会社に残ってくれ!
    というように、会社側に引き止めの材料を与えてしまうからです。

    要するに、『そこがメインの理由だったら、そこを改善したら当然会社には残れよ!』という感じで、引き止め作業が始まってしまうので、会社都合の理由は良くありません。

    また、会社都合で辞めるということを伝えてしまうと、辞めるまでの期間にネチネチ文句を言われるケースもあるので、あまりオススメはできません。

    ですので、仮に「仕事がつまらなかった」と理由であっても、「私が仕事を楽しめなかった。私には合わなかった」というように自己都合に変換して伝えるようにしましょう。

    会社を辞める時の危険な言い訳②:家庭の事情が原因

    会社を辞めるときの「言い訳」の中でも、王道として挙げられるのがこの「家庭の事情」です。

    このパターンは、小さい子供たちに「好きな食べ物は何?」と聞いたときに「カレー!!」って答えるのと同じくらい王道パターンです。そして、たくさんの人が使っている手でもあります。

    例えば

  • 両親の体調が悪く面倒を見る必要が出てきた。
  • 親の認知症が悪化して介護しなければいけない。
  • 家業を継がなければいけなくなった。
  • などが挙げられます。

    この「言い訳」は、一見誰でも使いやすいのように見えますが、弱点があります。それは、バレたときのリスクが大きすぎるというところです。

    両親が遠くに住んでいる場合は、前職の人達に街でバッタリ会っただけで、

    元同僚
    え?!介護するために実家に帰っていたんじゃなかったっけ?
    と言われたりする危険性が出てきます。

    そして、今の時代はFacebookなどのSNSが発達しているので、簡単にバレてしまう可能性が高いんです。

    ですので、この過程の事情を会社を辞める時の「言い訳」として使うのはあまりオススメできません。

    会社を辞める時の危険な言い訳③:自分の病気が原因

    会社を辞める時の危険な言い訳の3つ目は「自分の病気」が原因で辞めるというものです。

    ちょっと分かりにくいと思うので、具体的な例を挙げると、

  • 鬱病になってしまったので、辞めます。
  • パニック障害になってしまったので、辞めます。
  • 睡眠障害になってしまったので、辞めます。
  • などが挙げられます。

    こういった理由は、本当なら効果抜群ですが、上司によっては、

    上司
    診断書を見せてくれ!
    上司
    会社にこれなくなったなら、見舞いに行かせてくれ!
    と言われるケースもあるので、爪が甘いと簡単にバレてしまいます。ですので、あまり使うのはオススメできません。

    会社を辞める時に使えるベストな言い訳とは?

    会社を辞める時のベストな言い訳は、「新しいチャレンジをしたい」といった内容を挙げるのが良いでしょう。

    例えば、

  • ~について学びたくなったので、退職して新しいスタートを切りたい。
  • 将来独立しようと考えているので、そのために~~で経験を積みたい。
  • 自分のしたいことが見つかり、それは~~なので、会社を辞めさせてほしい。
  • などというのが良いでしょう。

    僕が以前勤めていた会社だと、上記のことを言ってもあまり納得してもらえなかったのですが、何度も繰り返しやりたいことと、自分のビジョンを伝えることで納得してもらえました。

    ですので、一番大事なのは熱意かもしれません。

    もし今のあなたが、次にしたいことや人生の目標が定まっていないなら、こちらの記事を読むことをオススメします。

    ▼関連記事:したい仕事が見つからない人必見!やりたい仕事の見つけ方

    まとめ

    会社を辞める時に使ってはいけない言い訳Best3は

  • ①会社の事情が原因
  • ②家庭の事情が原因
  • ③自分の病気が原因
  • です。

    そして、会社を辞める際は、自己都合で尚且つ「新しいチャレンジがしたいから辞めたい」というようにするのがベストでしょう。

    もし、今のあなたがやりたいことなどが分からない場合はこちらの記事を読むことをオススメします。

    ▼関連記事:したい仕事が見つからない人必見!やりたい仕事の見つけ方

    あなたがイキイキと楽しく働けることを心から祈っています!

    みんなにも教えて喜ばせてあげよう!