仕事でやる気が出ない「本当の原因」と根本的解決方法

今回の記事では、仕事でやる気がでない「本当の原因」と、その根本的解決方法を、詳しく解説していきます。

もしかすると、あなたは、

  • 仕事がどうしてもやる気が出ない
  • 〇日までに仕上げなくちゃいけないけど動きたくない
  • 焦っているのに、やる気が出ず、仕事が進まない
  • こういった辛い状況の真っ只中にいるかもしれません。

    何を隠そう、もちろん僕も全く同じような経験をしてきました。

    当時の僕もあなたと同じような状態でした。どうにかして「やる気」を出そうとして、行動心理学や脳科学に関する書籍を読み漁ってみましたが、全くダメだったんです。

    しかし、とある有名な方の高額なセミナーに参加した結果、今までのやる気の概念がガラっと変わり、かなりアクティブに毎日を過ごせるようになりました。

    今回の記事では、かつての僕のように「仕事でやる気が出ない人」の助けに少しでもなれればと思って作りました。出し惜しみ一切なく、やる気を高める方法を解説しているので、楽しみにしながら読んでくださいね。

    それでは早速内容に入っていきましょう!

    誰も教えてくれない「やる気が出ない本当の原因」

    日本の会社や組織がひた隠しにしている『仕事でやる気が出ない本当の原因』は、その仕事があなたにとって「本当にやりたいこと」ではないからです。

    要するに、モチベーションを保たなければできないことや、やらなくちゃとあなたが思っていることは、実はあなたがやりたいことでは無いんです。

    悩める子羊
    やりたくないことは分かっているよ。でも仕事をやらないと食べていけないし、現実的じゃなくないですか?

    と思うかもしれません。

    おっしゃる通りです。
    『その仕事をやりたくない』と考えていることが『やる気が出ない根本的な原因』になります。ですが、根本的な原因だからこそ、解決するのには時間がかかるんです。

    でも、このまま、あなたの「やりたくない」というサインを無視して、仕事を続けると鬱になってしまうかもしれません。

    分かりやすい例を挙げると、車でブレーキが踏んでいるのに、アクセルを踏みこんでいくと、ブレーキが焼き付いてしまい、車が故障してしまいますよね。

    それと同じで、人間もやりたくないことを、ひたすら一生懸命に続けた場合、いつかは心に大きな穴が空いてしまいます。

    ですので、やりたくないことではなく、「心からやりたいこと」を見つける必要があるのです。つまり、「自分は何がしたいんだろう?」ということを掘り下げていく必要があります。

    ちなみに、この「答え」は外はありません。自分の内側の深い部分に目を向けるようにしましょう。

    『何がしたいのか?』=『何に価値を置いているか』=『あなたの価値観』です。つまりですね、何が言いたいのかというと、『あなたの価値観』を認識することが必要だということです。

    理解できますでしょうか。

    やる気が出ないということは、その業務が『あなたの価値観』にフィットしていないからです。

    もし、あなたの仕事や業務内容があなたの価値観にフィットしているなら、仕事がうまくいくはずですし、生産性も著しく上がります。

    なので、ここからは価値観のあぶりだし方を解説していきます。

    (※もし今すぐにやる気を挙げたい方法を知りたい方はこちらで詳しく解説しております。)
    ▼関連記事:仕事でやる気がでない人必見!科学的アプローチで「やる気」を出す方法

    仕事でやる気が出ないなら『自分の価値観』をまずは探そう

    自分の価値観を探すために、今までの人生で起きた出来事やストーリー分析をしても、実は取れ高はあまりありません。

    なぜなら、自分以外との登場人物(学校、会社、友達、上司)との関係性が良いか悪いかだけの話に結局なってしまうからです。しかも過去の話は『今のあなた』と全く一緒ではありませんよね。

    だから今の『あなたの価値観』をあぶりだすためには今、あなたがしていることに目を向ける必要があります。

    つまり、あなたが『しちゃっていること』を見る必要があります。『しちゃっていること』=『やりたいことのヒント』=『あなたの価値観のヒントです。

    この『しちゃっていること』を空間(Space)、時間(Time)、エネルギー(Energy)、お金(Money)の4つの切り口から見ていくと、あなたの価値観がぼんやりと見えてきます。

    ちなみにこの、空間(Space)、時間(Time)、エネルギー(Energy)、お金(Money)の4つの頭文字はSTEM(幹)となり、これらの4つはあなたの根幹をつかさどる要素と言われています。

    この4つの切り口に関して、1週間を振り返ってみて下記の質問に答えてみてください。

    (※それぞれの質問に対して上位3つを答えてください。)

  • Space:身の周りにいつもあるもの、手放ずにもっているもの?
  • Time:寝ている時間以外で何に時間を使っているか?
  • Energy:何をしているとき、元気でワクワクしているか
  • Money:何にお金を使っているか?
  • 読者のサム
    Time、Energy、Moneyは分かるんだけど、Spaceがイマイチ分かりにくいです!
    Spaceに関して補足すると、あなたを代表しているアイテムのことです。いつも自分が身に着けているもの(あなたのスペースを牛耳っているアイテム、あなたのアイデンティティがぶら下がっているアイテム)です。

    それでは1位から3位をそれぞれ書いてみましょう。

    書けましたか?

    その出てきたものの『意図と意味』を考えてください。下記に僕の例がありますが、Timeの場合、1位は「仕事」となっていますが、これは今自分で独立するために行っていることなので、意図と意味は(独立したいため)となっています。

    このようにそれぞれに対して『意図と意味』を考えて書き出していきましょう。

    ※僕の例

    ▼Space:身の周りにいつもあるもの、手放ずにもっているもの?
    1位:パソコン(独立したいため)
    2位:スマホ(ー)
    3位:本(独立したいため)

    ▼Time:寝ている時間以外で何に時間を使っているか?
    1位:仕事(独立したいため)
    2位:勉強(独立したいため)
    3位:食事(ー)

    ▼Energy:何をしているとき、元気でワクワクしているか
    1位:海外一人旅(挑戦していることを感じることができる)
    2位:ビジネスの勉強(独立したいため)
    3位:セミナー(独立したいため)

    ▼Money:何にお金を使っているか?
    1位:家賃(セミナーなどが都内であるため)
    2位:セミナー・学習(独立したいため)
    3位:食事(ー)

    できましたか?
    これらの意味意図を見たときに似通っているものはありませんか?

    僕の場合は、「独立したい」とか「挑戦している」が挙げられます。これらを掘り下げていくと、僕の価値観の1位は『自己成長』ということが分かります。

    もちろん価値観は1つだけじゃありません。何個もありますが、価値観の強いものほど、『意図と意味』の部分に出現します。

    ちなみにさらに細かいワークをしてあぶりだした、僕の価値観のTop3はこちらになります。

  • 1位:自己成長
  • 2位:他社成長
  • 3位:自己発信
  • 僕も実感していますが、私たちはこの価値観に基づいて、お金を投下しているし、時間を使っているし、エネルギーを使っています。

    そして、この価値観さえ分かればあとは簡単です。
    この価値観に合うような職場や業務を選ぶ。もしくは価値観にフィットするように業務の捉え方を変えるということです。

    僕の場合は、嫌いな業務があったとしても、1位の価値観である「自己成長」に結びつけるようにしています

    「これを乗り越えたら、自分でビジネスして同じ場面に立たされた時に、乗り越えられる」というように業務の捉え方を変えることで、拒絶反応が出なくなります。

    まとめ

    『仕事でやる気が出ない本当の原因』は、その仕事があなたにとって「本当にやりたいこと」ではないからです。

    『やりたいことは』=『やっちゃっていること』なので今の状況をSTEMの4つの角度から見るとあなたの価値観の順位が判明することができます。

    あなたの価値観が理解できれば、この価値観に合うような職場や業務を選ぶ。もしくは価値観にフィットするように業務の捉え方を変えることで、やる気がないという概念の一つ上の次元に行くことができます。

    もし、自分の価値観が分からない場合は、自分の「強み」をまずは見つけるのが良いでしょう。

    これまで僕は、「有料」「無料」関係なく、本当にたくさんの「性格診断ツール」を受けてきましたが、その中で、一番良かったのが「グッドポイント診断」です。

    3000円くらい払って受けた有料の「強み分析ツール」とほぼ同じ強みが診断結果で出てきたので、「うわー…無料でこのクオリティとか…3000円損した…orz」となりました。笑

    →「グッドポイント診断で自分の隠れた強みを見つける!

    ぜひあなたの「強み」や「価値観」を把握して、いきいきと生きましょう。それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    みんなにも教えて喜ばせてあげよう!